予防するには保湿ケアが肝心~ノーノー妊娠線~

女性

商品選びにこれが必要だ

美容クリーム

プラセンタ化粧品を使って実年齢に見えない若く美しい人がたくさんいます。美の専門家も良い物だとコメントしています。数ある商品の中から合う物を探すにはまずプラセンタの知識や情報を得る事と自分の希望を知る事です。その上で商品を選べば最大限の効果を期待出来るでしょう。

水分維持力があるレシチン

頬を触る女性

レシチン配合の化粧品は、乾燥肌を落ち着かせて肌をしっとりさせる効果があります。使用すると水分と油分のバランスが整い、ふっくらとした美しい肌に改善されていくそうです。水分を維持するには乳液でふたをすることも大切だと言われています。

ケアが大切

妊婦

なぜできるのか

妊娠は、家族にとってとても嬉しいことです。しかし、お母さんの体にはいろいろな変化が現れ、お母さんにとってはきついこともあります。つわりや貧血なども体力的に大変ですが、妊娠すると妊娠線が出来てしまうことも一つの悩みだと思います。もちろん、赤ちゃんがおなかの中でちゃんと育ってくれることが一番大切なので、しょうがないことかもしれませんが、できればきれいな体を保ちたいというのも本音ではあると思います。妊娠線は、おなかが急激に大きくなることで皮膚がひび割れたように線が入ります。一度出来てしまうと、後が残るので消すことは難しいです。妊娠線の大きな原因は、妊娠による体重の増加です。中には、出来にくい人、できやすい人もいるようです。

おすすめの対策

妊娠線は、体重増加が原因で出来ることがほとんどなので、急激な体重増加を防ぐことが一番の予防になります。また、妊娠線の大敵である乾燥を防ぐことで妊娠線の予防につながります。保湿クリームをおなかや太ももに塗って予防しましょう。妊娠初期から毎日保湿をすることが大切です。もしできてしまっても、きちんと保湿し続けることで最低限に抑えることができます。また、腹帯やマタニティ用のガードルなどを着用することで予防になります。腹帯やガードルは、おなかが大きくなりすぎるのを防ぐので、妊娠線ができにくくなります。腹帯やガードルをすると、背筋が伸びて腰の負担も少なくなるので、おなかが少し出てきたなと思ったら、ぜひ使ってみてください。

保湿効果の高い成分

スキンケア

乾燥肌には、キトサン配合の化粧品が適しています。毎日使い続けると水分と油分のバランスが良くなり、しっとりした肌を維持できるそうです。化粧品の成分を浸透させるには、正しい洗顔方法も大切だと言われています。